ふと立ち止まる
何かやりたい事があって
それだけを見つめられていたら
気付かないだろう と、思う

時には邪魔をされて
時には助けられて
そんなことも
気付かないだろう と、思う

目標だけ持ってれば
きっといつも歩いてゆけるけど
ふと足を止めて
顔を上げる勇気も 必要かな
[PR]
# by ImprovisationLand | 2005-08-17 13:38 | 言葉
なんだろう
愛ってなんでしょう?
傍に誰か居ることへの
依存でしょうか?

誰かを傷つけて良い事の
いいわけでしょうか?

人を愛する事は
何を失うのでしょうか?
[PR]
# by improvisationland | 2005-05-25 22:49 |
美しいという罪
「美」とはその本質が罪である
それを手にする事が出来る者へも
また手にする事ができぬ者へも
等しく投げかける光明という意味において
人という存在への毒である
故に人はそれを尊び欲するのではないだろうか
[PR]
# by improvisationland | 2005-03-23 23:15 |
無味乾燥氏
有力投資家達が投資しようとする”良い経営者”の条件の1つに「趣味を持たない人」というのがあると聞いた。
趣味(嗜好)に走り過ぎて経営を疎かにする”可能性がある”という事だろうけど…。
趣味を持たない人に人としての厚み、或いは面白みなどの魅力があるのだろうか?
投資してもらったお金を効率の良い経営で増やす素材ではあるだろうけど、人としての人格は必要ないと言っている様に感じる。
マネーゲーム中の1つのキャラクターであり、趣味はそのキャラクター固有のバグであると言う事か。
で、あれば私は趣味(嗜好)を大切にしたい。
[PR]
# by ImprovisationLand | 2005-03-22 20:40 |
ずっと
そっと
手を重ねて

触れているのか
いないのか
わからぬほどに
そっと
ずっと

思い出すような
忘れないような
境い目で
ずっと
そっと

そっと
ずっと
手を重ねて
[PR]
# by improvisationland | 2005-03-04 13:28 | 言葉
愛?
愛されるなら 憎まれたい
それならばアナタは ワタシを忘れないから
さもなければ 無償の愛を

そう告げたアナタは
ワタシを憎まなかった

恋は愛から生まれるではなく
また愛は恋ほど単純ではなく

無償の愛とは 血の繋がりを以って成す
行きずりの仲に 無償の愛など無い

ワタシはアナタを憎みもせず
また愛する事もせず
今はただ存在を忘れぬ

アナタという存在は
老いもせず 醜くもならず
ただワタシの中に 揺蕩うだけ

久しく会わぬアナタは
今も空の下 呼吸を続けているのだろうか
[PR]
# by improvisationland | 2005-02-22 00:25 | 言葉
続・禁煙
「君も時代に合わない趣味をしてるねぇ。」と、お客さんに言われた。
打合せで入った喫茶店で珈琲を飲みながら煙草を取り出した時だった。
かく言うその人も既に指の間から狼煙が上がっている。
私は苦笑しながら一本口に咥えた。

それが、今月頭の記憶だ。
今は煙草を吸わない日々を送っている。
「苦」はない。
なんとなく、要らないから吸わない。

「やめろ」と言われるから吸ってしまう心理もあろう。
酒も煙草も合法ドラッグだ。
嗜好品は依存するものではなく、
愉しむものだと思う。

私は禁煙したのではない、
ひとまず、今は要らないのだ。

安部公房のエッセイに煙草をやめる話がある。
彼は文中で長年の愛煙家であったという。
そんな彼が煙草をやめる為に取った方法は、
「いつでも煙草を吸える状態に喫煙具をセットしておく」
という方法だったらしい。

灰皿の脇に煙草とライターを置く。
吸いたくなった時に煙草を咥えライターを持つ
そして、考える。
「自分は今、本当に吸いたいのか?」

これで煙草から離れていったと言う。
あの「箱男」を書いた人だけに
これが真実かどうかは判らない。
そういう自分のエッセイを書きながら
煙草をふかしているかもしれない。
という事を創造しながら書いている
煙草を吸った事のない彼が居るのかも知れない。

ただ、私も彼のその手法を真似した。
「何故、煙草を吸うのか?」を考えてみた。
習慣で消費する嗜好品とは贅沢を通り越して
嗜好品に対して失礼ではないだろうか?

口元寂しさにガムや飴を食べて糖尿病になりたくはない。
どうせ病気になるなら煙草で肺癌や
アルコールで廃人の方がまだましだ。
苦しんで尚、苦しみを増す様な事は望まない。
しかも、煙草代がお菓子代にスライドするだけで
良い事が無いどころか、精神衛生上マイナスだ。

だから、考える。
元手がかからずクリーンなイメージを得られる。
一石二鳥でISO取得にお勧めだ。

下らない事かも知れない。
でも、それで苦しんでいる人は少なく無いと思う。
少しでも楽に望みを叶えられたら
それに越した事は無いと思う。
ネタが浮かばないので書いてみた。
ただそれだけ。
[PR]
# by improvisationland | 2005-02-20 00:15 | 徒然
禁煙
世の中は一気に喫煙家を締め出しにかかった。
私も締め出される側だった。

「タバコを辞めた人間は、極度の嫌煙家になる。」
会社のオーナーが大の煙嫌いである事を嘆いていると
先輩の愛煙家にそう言われた。
確かにオーナーは30年前まで煙を愛していたらしい
こっち側の人間だったのだと言う。
それが今は社内は元より私生活まで
校則社則の如き規制が成されている。
臭いがしただけでキャンキャン怒鳴りつける。
言われる側は会社の外にある電信柱の影や
どこぞのビルの陰でコソコソ煙を立てる。

「わからん」
愛していたからこそ、別れてから憎むのだろうか…
煙と袂を分かちそれの無い世界へ旅立った一人の男。
彼は何故、そこまで徹底して煙を憎むのか。
人の気持ちは判らないものである。
そこで、私はふと考えた
「自分も同じようになるのか?」
[PR]
# by improvisationland | 2005-02-13 08:01 | 徒然
ありふれた日常
嘘と言う真実

真実と言う嘘

使い古された幻想
[PR]
# by improvisationland | 2005-02-10 00:08 |
気だるい
脱力感

 ・
  ・
   ・無気力
  ・
 ・

脱力感
[PR]
# by improvisationland | 2005-02-10 00:05 | 言葉